プロフィール

りん

Author:りん
モラハラ母からモラハラを受けてる娘です。
現在、モラハラ後遺症により、うつ病PTSDで
療養しています。


フリーエリア


最近の記事


月別アーカイブ




突然の形ではじまった、モラハラ被害
ある日突然起きたモラハラ被害

訪問してくださる方にお願いとご注意があります。
お願いがあります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モラハラ母は、嘘の正当化をする事で、自分を傷つかないように脆い部分を守りきり、人の責任にしてれば・・自分が傷つかずにすむ上、罪悪感を感じる必要もありません。
ですから、嘘をついてでも、傷つきたくない・罪悪感を感じたくないので、被害者の責任にしてしまえば・・モラハラ親は、自分が精神的に悩む事もなく、幸福でいられるから行います。



今回は、嘘の正当化とはどのようなものなのか・・・当方のケースを事例に、被害者の方に詳しく説明いたします。

嘘の正当化事例1(当方のケース)

母親が欲しかったダイエット器具が、昔ありまして・・・娘の私に、その話を一部始終してきました。まるで、貴方も欲しいんじゃないの?と思わせるように、器具のすばらしさばかりを説明し、私を美容室につれていきました。

私は、あまりの演出に・・素晴らしいものなんだろうなと思うようになりました。

しかし、何故か美容室で当時、ダイエット器具をセールスしていて・・・美容室にいくなり・・
店員さんが、色々すすめてきて・・・買わなきゃイケないんじゃないか・・?と言う、押しの強い
すすめてきました。

しかし、実際みてみたら・・胡散臭く、どうもてもやせるように思えない商品で、まったくダイエットの説得力もない商品なので・・見たとたん・・いらないや・・と思いました。

母も、店員さんに載せられ、試着していましたが・・母に、


「私は、このダイエット器具いらない・・・、ぜんぜんよくないから・・いらないよ」

と・・言いました。

母はすっかりのせられ・・母だけが欲しかったのです。ダイエット器具は・・・。

しかし、私はいらないというのに、強引に私の分まで買っており、帰り際に、


私「こんなに、高いのなんて欲しく無いっていったのに・・なんで私の分買ったの?」
と、あきれた顔をして聞いてみたら・・・

モラハラ母「アンタやせたほうがいいから・・買った」
私「いらないと先にいったじゃない・・こんなに高い物なんか欲しく無かったっていったじゃない」

と・・無理に強引に私にも買ったのです。

その後、高額商品なので・・父に向かって・・・母はこういいました。


モラハラ母「娘のために買ったの。高いけど・・娘にやせて欲しいと思った、私の心遣いで、買う事んしたの」

私は、内心腹がたちました。欲しいのは、自分であり、私は欲しいなどいってない!と、思いました。しかし、それをいった所で、この親が・・自分の非を認める事はないので。。。。
これこそ嘘の正当化だと・・実感しました。


モラハラ母の嘘の正当化事例2(当方のケース)

父のケースもありました。
上記と同じパターンを使い、母は、今度はノートパソコンを欲しがるようになりました。
毎日欲しい欲しい、これさえあれば・・友人もできて毎日が楽しい筈だ・・とその時は、
毎日パソコンが欲しいと騒いでいたのです。

ある日、息子と買い物にいき・・・長いあいだ帰宅してきませんでした。
帰ってきた頃には・・・母は、ノートパソコンを購入していたんです。


「日ごろ金がなくて貧乏で、何も買うこともできない家なんだ」
と・・・口癖にいってる母親が、こんな高い商品を買ってきたのに、やはり、欲しい物を必ず手にいれないと・・この人間は、我慢する事すらできないのか~と呆れました。

しかし、父が聞いたら・・・激怒するに違わないので・・どういう風に出るか・・・様子をみていました。

いいわけなど、今回はできないのです。私も、息子もPCをもっていますから・・前回のように、
娘のために買ったという嘘の正当化はできません。

父が帰るなり・・・バレるのが不安なのか・・ソワソワしながら・・、モラハラ母は、しぶしぶパソコンの話をしていました。

「貴方(旦那)と使おうと思って、ノートパソコンを買ったの。貴方も欲しがっていたじゃない。一緒に使いましょう」


またしても、人のせいにしていました。これも、嘘の正当化です。

父は欲しいとしても、家計が苦しいのに無理してまで欲しいといわない人なのです。
父は激怒し・・・夫婦喧嘩のはじまりです。

この事例でもみてわかりますが・・相手が欲しいなどいっていない、またはそこまで欲しいと思っていないのに・・・強引に、貴方の為に買ったと嘘をつくのです。

実際欲しいのは、母なのです。それを、高額商品になれば、父に怒られるのはわかってるので、人の責任にしてしまうという、汚いやり方を使うのです。

もし、欲しくもないのに、お前のためにかってやったといい、自分ばかりが使い、実際使わせてもくれなかったら・・貴方はどう思いますか?

嘘だったのか・・と思いますよね。

実際、父にもこのような事をいい、使わせてもいないのです。ノートパソコンを触るだけで、文句を父にいうのです。

これが、動かぬ証拠です。嘘だからこそ、自分の物として所有し、人に貸す事もできないのです。父と兼用で買ったならば・・父にも使う権利もあります。

しかし、母は、実際に父に使わせる事をしません。物に依存し、自分の物だといって・・人に貸す事をしないのです。


嘘の正当化事例3 しつけの嘘の正当化

何度も出てくる、モラハラ親の、しつけの嘘の正当化ですが・・・嘘だとわかる理由も説明します。

まず、イライラしてる事が多く、モラハラ親は、精神的不安定です。常に、長期に渡る怒りを抱えてるので、イライラしてる事が多く、愚痴と不満を毎日つのらせています。

しかし、それの解消法が・・子供への当り散らしなのです。

しつけと称した、自分勝手な理由を作り出し、何に対しても怒鳴り散らす、感情をむき出しにして、憎悪という感情に近いオーラをかもし出し、いかにイライラしていますという態度で日々すごしてるのか、見てすぐわかる程の態度です。

当り散らす理由を作り出せば。。立派な嘘の正当化になります。


正等理由があるから・・当り散らすのはいい事になり、自分が周囲から白い目でみられずにすみますし・・自分の感情を抑え切れない処理をターゲットの子供を使えば・・いいことなのです。

周囲からみて・・自分が行う事は正しい事だと示しておけば・・・今後八つ当たりもやりたい放題す。

モラハラ母は、毎回この手を使い、汚い口実をしつけといい、単に感情をむき出しにしただけの、当り散らしをしつけといっていました。

嘘だとわかるのは、先ほどもいいましたが・・長い間イライラしていたり、気分が不安定で、
ネガティブでマイナス思考型なのです。

発散を他にしようと思わず、ターゲットを使う所が悪質きわまりありません。

常に、ターゲットの子供の荒や、欠点を探すために、毎日観察しています。


何か、小さな過ちでもおかせば・・しつけと称した八つ当たりができるから、こうして毎日人の荒さがしと、欠点と弱点を探すためにじっくり観察をしてるのです。
たとえば。。。。今日は、友人と出かけると母にいっていたとします。帰宅すれば・・ムチャクチャな理由を引き合いにだしてきます。

「家事もロクにやらないで、なんで遊んでるんだ!たまには家事を手伝え!」
といいながら・・鬼のような形相をして・・怒鳴り散らし、当り散らす理由を家事をしてない理由にすればよいことなのです。友達と遊んでる時に、どうやって家事をしろというのでしょう?それ自体無理な話ですし、
きちんと母には出かける事も許可得てるのにかかわらず、こうした嘘のしつけの正当化理由をこじつけて・・私は、実際に当り散らしをされています。


仕事をしてば・・仕事してる時など家事の手伝いなどできません・・
ムチャクチャな事をいって・・・日ごろ家事をロクに手伝わない!と嘘の正当化をいうのです。

それも、家事を手伝えば手伝うで、文句と不満をこぼし、自分のいいなりり動くように命令をしてくる始末なので、それで、自分が楽をしたいから・・そういう口実を作り、人の責任にしてみたり、当り散らす口実にしています。


「家事もロクにやらないで、なんで遊んでるんだ!たまには家事を手伝え!」は、悪意の塊で成り立っています。表向きは、親らしく、娘が家事を手伝わないから怒られてるという風に思うでしょうけど・・
実際は・・悪意で出来てる台詞なのです。

それは、先ほどから上記に書きましたが・・・毎回イライラしてて、感情をむき出しにした八つ当たりばかりなのです。


叱るのと、当り散らすのは、まったく別物です。

もし、叱るならば・・感情をむき出しにする必要はないのです・・・。
もし、娘が家事を手伝わない事を叱りたいなら・・感情をむき出しにする必要などないじゃないですか。

台詞は、 「家事もロクにやらないで、なんで遊んでるんだ!たまには家事を手伝え!」

といってますが・・・鬼の形相をして、怒鳴り散らし、甲高い声で、大声で怒る態度をみて、叱ってるように思いますか?叱るならば・・もっと冷静さももたないと・・説得力ありません。
あきらかに、親の八つ当たりではないですか。


モラハラ母は、叱るのではなく、当り散らすのです。ですから・・嘘のしつけの正当化なのです。

それは、態度に全て嘘だと出てるので、一目瞭然なのです。

これが、モラハラ親の嘘の正当化の事例です。参考になれば・・幸いです・・・。


スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。