プロフィール

りん

Author:りん
モラハラ母からモラハラを受けてる娘です。
現在、モラハラ後遺症により、うつ病PTSDで
療養しています。


フリーエリア


最近の記事


月別アーカイブ




突然の形ではじまった、モラハラ被害
ある日突然起きたモラハラ被害

訪問してくださる方にお願いとご注意があります。
お願いがあります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
趣味を通じて知り合った女性の方がいるんですが・・彼女とは、親しい間柄ではないのですが・・ブログに心の日記をつけてるので・・少しだけ声をかけた事があったんです。
今回はその方の話をしたいと思います。





モラハラを受けてて、過去モラハラ旦那と離婚し、彼女は、実家生活をして、仕事も退職して、
モラハラ後遺症で療養してる方のようです。

何度か趣味の上では話をしましたが・・・親しい間柄まではいかない方なのです。

モラハラの事で、後遺症を抱えてるので、一応、元気出してほしくて・・言葉をかけたものの・・・彼女の心にはその声は届きませんでした。
彼女は、鬱病(その他の精神的疾患もあり)なので、私も鬱病ですが・・励ましをしたのではなく・・よくやってるね・・偉いねと、言った言葉に対して・・・



「私は、そのような価値などない人間なのです!生きてる意味も無い、必要とされない人間なのだから・・価値など私には無いんです」
と・・ブログに書いてあり・・・コメントも不可にされていました。

彼女は、かなり心まで衰退してしまい、毎日死ぬ事ばかり頭にありますし、罪悪感を抱えて、価値が無い人間なんだと・・毎日心の日記に書いています。

私も、病の身故・・・そこまで、彼女の事を支援する余裕もありませんし、そこまで酷い精神状態の方に言っても・・・私ごときが言えば・・・私の声も届かないようなので・・仕方なく身を引き、遠くで、病がよくなる事を祈り・・・離れました。


私も過去、まったく同じ経験ありますが・・ここまでいくと・・・言った言葉の1つで、相手が傷つく事も多く、寛大な気持ちで話を聞けなかったり、自分の事しか考える余裕ないので、相手の気持ちを理解する事が出来なかったりしがちなのです。言った言葉で、傷ついたり、激怒したりしがちなので・・あまりに精神的に落ちてる方には、私が言う事で・・・余計自分を追い込む形にもなりえるので・・・そういう意味でも身を引きました。

過去、私も彼女と同じく、存在価値が無いと思った事がありましたが・・私より、彼女の方が、罪悪感の感じ方がかなり酷いとお見受けします。だからこそ、好きな旦那から、「いらない、使えない、役に立たない」と言われたとしたら・・生きてる存在価値が無いと思い込みが激しいのかもしれません。私も、過去同じ事を思いましたが、彼女は、自責の念が当時の私よりも強い方と思います。



これも、彼女が自分で立ち直るしか方法もないので、最後は自分で立ち上がって欲しいと思います。

彼女が、お気の毒なのは・・・支配をモラ夫にされてマインドコントロールされたまま、それに気がつかないままの離婚をしてしまった事なのです。

どっちから切り出したのかは、ブログを見てる限りわかりませんが・・・、彼女は、離婚しても
旦那の存在も無く、モラハラ人間と離れてるのにかかわらず・・・支配をされたまま・・自覚がまったくないのが・・お気の毒な形なのです。

そして、見捨てられるのが怖いので、まだ酷い旦那とわかっていても・・愛してるといい、
好きだというのです。


何故、このようになるのかといいますと・・・個人分析なので、専門家とは違う見解かもしれませんが・・・彼女は、モラ夫に完全支配されて、気がつかないままなのです。

元々被害者は、罪悪感をもってる方なんですが・・それを利用したのが・・モラ夫です。

だから、いつも自分だけが悪いと思い込み、モラ夫は、彼女に対して、お前の責任だと、
なんでも相手の責任にしていた疑いがあります。

毎回、お前の責任だと言われると、どんなに悪事を働いても、夫のいう事が、悪いと思わなくなってしまうのです。これが、相手への支配です。

次に、彼女が、常に生きる価値がない、価値が無い無い言う事は・・・


「常に、お前は使えない奴だ!存在がウザイ」か、存在を否定する行為や、態度を行ってる可能性が高いと言う事です。

モラハラ母もそうなんですが・・存在を認めないという言葉や態度の表れをします。

罪悪感を感じた彼女は、毎日存在を認めてくれなかったり、時には、毎日のように と言う事で、支配されてるので・・本当にそうだと信じてしまうのです。

これが、見捨てられる不安につながるので「俺のおかげで、お前が生きてられるのだ」といい、いつも、彼のおかげで生きているんだと思い込み、いつも私が迷惑をかけてるから・・彼が怒るんだと思い込むようになります。

これは、実際私もモラハラ母にされていますから・・多分・・そのような事をされたんだろうな~と分析をしています。


お気の毒なのは・・離婚出来たのかかわらず・・・支配されtる事や、罪悪感を与えたのはモラハラ夫であり、利用されてるのに、いまだに気がつけない点です。


これでは、モラ夫が・・再婚の話を持ち出したら・・彼女はその罠にハマるのが、一目瞭然です。

彼女は、モラ夫の支配に抜け出せずに、毎日自分を責めつづけています。

存在はいらない・私はいらない人間なんだと・・精神的にどん底に落ちています。

私も過去そうでしたが・・過去の体験をして・・精神的な地獄からの復帰を果たしました。
今は、罪悪感を感じる前に、モラハラ人間の悪事をじっくり客観的にみていますし・・
支配から抜け出すのも目標なのです。

今回のその彼女は、今もモラ夫の支配に抜け出せずに・・離婚してるのに・・存在無きままでも、支配から抜け出せないでいました。







スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。